So-net無料ブログ作成

Rの法則「恋愛格言」2013年8月15日~歴史上の人々が生み出した数々の言葉~ [恋愛]

やってきました!

今日のテーマは“恋愛格言”。

恋に悩んだ時に聞きたい,告白前に勇気をくれる,失恋で傷ついたときに癒やしてくれる,など。

そのグッときたランキングです。

さらに、どんな言葉が心に響いたかの心理分析では、あなたの恋愛傾向が分かっちゃうというから驚きです。

さああなたはどんな恋愛傾向!?

6月の放送のを少し振り返ると…

photo:01


女子高校生が選んだ恋愛格言。

「愛することとは信じることである」

愛が先 or 信じるが先



メールは何回ほしい!?

とか

愛されるために、何をするのか?

「ハグとちゅ♡」

とか

なんだか想像するだけでも楽しくなってしまう笑

ちなみにYOUさんって素敵やな~と。

絶対見ようっと笑

あっちなみにイケメンは松坂桃李。



このとき,かっこよかったー(^O^)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

性欲の強い女性を攻略&特徴 [恋愛]

<性欲の強い女性を攻略&特徴>

性欲の強い女性の気を惹くことができたらどれほど幸せか。

一概にこうだ!とは言えないですが,ある程度の傾向は当てはまると思います。

このページを参考に観察眼を磨いてみてはどうでしょうか。

<下ネタや言葉に出しにくい単語を話す>

男性が話題として下ネタで盛り上がったりしますよね。そんな話題を普段の会話から言葉に出したりします。

恥ずかしがる事を一切しませんし、単語でニュアンスが似ている言葉にはすぐに反応を示します。

<男性に甘える事を好む>

彼氏でもない男性に対してもスキンシップの回数が多いと言えるでしょう。
軽く肌に触れたり、時には公共の場でも大胆なスキンシップをとります。

男性と距離は常に近く、肌と肌がふれ合う事に安心感を持っています。

<冬でも薄着を好む>

冬の寒い日でも薄着を好みます。全体的に薄着というわけではなく、コートやアウターを一枚脱いだインナーは夏のような肌を露出する服装が多いでしょう。

季節に関わらず露出が多い服装を好みます。

<下着を着用しない・セクシーな物好む>

下着を着用せずに生活をします。自宅の中でもそうですが、外出する際でも下着を着けない事が多いでしょう。

着用する物にもこだわりがあり、Tバックなどのセクシーと言われる下着を好んで着けたりします。

<性行為友達がいる>

いわゆるセフレという関係の男性がいることもあるでしょう。彼氏にまではしたくないが、寂しい時などに会える男性は必要と思っています。

<攻略法>

性欲の強い傾向にある女性は常に相手を求めています。しかしながらどんな男性でも良い訳ではありません。

<優しい対応をする>

性欲が強い傾向にある女性は寂しがりやです。男性に優しくされることで、寄り添いたくなり惹かれていくのではないでしょうか。

性欲が強いということは人恋しいとも捉えられます、常に優しく接する事が大切でしょう。

<自分の自信をアピールする>

性欲が強い傾向にある女性は性行為を好む場合があります。刺激のある性行為や変わったシチュエーションの性行為などに興味を示します。

男性の今までの体験や自分の自信がある部分をアピールすることにより興味が沸くのではないでしょうか。

<自分も興味があることを示す>

デートや遊びにいった場所などで妄想アピールをしてみましょう。こんな所でこんなことをしてみたい、といったことや、女性にはこんな格好してもらいたい、などといった感じです。

女性と同じく男性自身も性欲の強さを共感することにより同じ趣味をもっているような感覚になります。

<普通に対応する>

性欲が強いと感じることに違和感や複雑な気持ちをもつ女性もいます。頭ではそんなふうに考えていないのに、どうしても人恋しくなってしまうなどといった感情です。

女性である分、性欲の強さを隠したい場合や知られたくない女性もいるようです。

一人の女性として接する事が大切です。性欲が強い事を打ち明けられたとしても、平然とした対応ができるとよいのではないでしょうか。


スーパー会話テンプレート~決まったセリフを言うだけで、かわいい女の子の感情を刺激し発情させ、自分から離れられないほどに心を開かせる会話術


<年齢は35~40歳>

→成城松村クリニック院長の松村圭子医師よると(※3)、医学的に女性の性欲のピークは、35歳を過ぎて40歳を迎える頃とされているんだとか。

「女性は35歳を過ぎると、エストロゲンという女性ホルモンが減ってきます。すると相対的に男性ホルモンであるテストステロンの働きが強まり、一時的にガツガツとした性欲が出てくると考えられています」と語っています。



<夜中にアイスクリームやチョコレートなどの“スイーツ類”を常に食べる>

→管理栄養士の幕内秀夫氏著『夜中にチョコレートを食べる女性たち』によると、女性の性欲と食欲は密接に関係していると言います。性欲と食欲の中枢は、大脳の中で隣り合わせ。そして男性よりも女性の脳の方が二つの距離が近いため、互いが影響し合いやすいとされています。

現代のあまりにも淡白な男性の夜の営みに、欲求不満になった女性が、甘い食べ物に傾倒していき依存症に陥ってしまうケースもあるそう。チョコレートは、セックスレスで欲求不満になった女性にとって、ドラッグの一種でもあるのかも知れません。

<男性へのアドバイス>

性欲の強い女性は一見、軽くみえたり遊んでいると思いがちですがそうではありません。男性がグラビアアイドルやアダルトビデオを見るような感覚と同じです。

女性自身も自分の性欲の強さに悩んでいる場合もあります。自分はおかしいのかなと感じている場合もありますので、一人の女性として向き合っていくことが大切でしょう。

目の前の女性がどんな性格なのかをある程度予想することができれば,相手の心をぐっとつかみ親密な関係を築くことができると思います。ぜひ参考にしてみてください。


性欲の科学  なぜ男は「素人」に興奮し、女は「男同士」に萌えるのか

性欲の科学 なぜ男は「素人」に興奮し、女は「男同士」に萌えるのか

  • 作者: オギ・オーガス
  • 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2012/02/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



性欲の研究: エロティック・アジア

性欲の研究: エロティック・アジア

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2013/05/27
  • メディア: 単行本



性欲の文化史 1 (講談社選書メチエ)

性欲の文化史 1 (講談社選書メチエ)

  • 作者: 永井 良和
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/10/10
  • メディア: 単行本



女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム (青弓社ライブラリー)

女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム (青弓社ライブラリー)

  • 作者: 守 如子
  • 出版社/メーカー: 青弓社
  • 発売日: 2010/02
  • メディア: 単行本



快感回路---なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか

快感回路---なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか

  • 作者: デイヴィッド・J・リンデン
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/01/20
  • メディア: 単行本






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。